『大祚榮(テジョヨン)』 無料動画/あらすじ/キャスト(チェ・スジョン主演 2006年)

恋愛 政界 歴史 長編 韓ドラ詳細
『大祚榮(テジョヨン)』
2006年 韓国KBS1 全134話
演 出 : キム・ジョンソン ユン・ソンシク
脚 本 : チャン・ヨンチョル

イントロダクション

渤海国をひらいたテ・ジョヨンの半生! 国を失った同族のために立ち上がった激動の物語が今ここに☆

「流星が落ちたときに生まれた男児は王となる」という高句麗の伝承により将軍テ・ジュンサン(イム・ヒョク『チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~』)の息子(のちのテ・ジョヨン)は、奴婢ケドンとして最高権力者ヨン・ゲソムン(キム・ジンテ『客主』『鄭道伝(チョン・ドジョン)』)のもとで育つ。

四年に一度の武術大会”崇武大宴”に潜り込もうとしたケドン(チェ・スジョン『初恋』)は唐の刺客と鉢合わせ、襲われたスギョン姫(ホン・スヒョン『我が家のロマンス』『チャン・オクチョン』)を助けるとともにヨン・ゲソムンの危機を救う。

自由の身になったケドンは一路、父のもとへと向かうが道中、契丹族に捕縛されてしまう。部族長の娘チョリン(パク・イェジン『善徳女王』)を人質に逃亡し…

毒蛇にかまれたチョリンを介抱したケドンを、今度はチョリンが追手イ・ヘゴ(チョン・ボソク『武神』『モンスター~その愛と復讐~』)の剣から守る。ケドンは命より大切な母の形見をチョリンに手渡し、愛を告げる。

みどころ

恋のライバル役にチョン・ボソク、敵対国の武将役にイ・ドクファとなれば観るしかないでしょう! 脇役贔屓でごめんね(笑)。

チョン・ボソクさん演じるイ・ヘゴの報われなさに涙うるうる。終盤、ショッキングな出来事も待ち構え、ああ無情!

イ・ドクファ氏は、なにをやらせても安心の演技力、ソ・リンギ手強い! 目が離せません☆
2017/12/14(木)17:00 より BS12 で放送開始!



『大祚榮(テジョヨン)』 キャスト

役名
(説明)
キャスト
テ・ジョヨン/ケドン
(渤海国の開祖)
チェ・スジョン
チョリン
(契丹族長の娘)
パク・イェジン
イ・ヘゴ
(契丹最強の武人)
チョン・ボソク
スギョン
(ポジャン王の姪)
ホン・スヒョン
『大祚榮(テジョヨン)』
D V D – B O X 2
[楽天市場]
 [Amazon]
ポジャン王
(高句麗第28代王)
キル・ヨンウ
ヨン・ゲソムン
(高句麗の宰相)
キム・ジンテ
テ・ジュンサン
(高句麗の将軍)
イム・ヒョク
コルサビウ
(テ・ジョヨンの弟分)
チェ・チョロ
フクスドル
(テ・ジョヨンの弟分)
キム・ハクチョル
ミモサ
(テ・ジョヨンの軍師)
キム・ジョンヒョン
イ・セミン
(唐の第2代皇帝 太宗)
ソン・ヨンテ
則天武后
(唐の皇后 のち皇帝)
ヤン・グムソク
ソ・リンギ
(契丹出身の唐の将軍)
イ・ドクファ
イ・ジョク
(唐の大総官)
ソン・ドンヒョク
シン・ホン
(イ・ヘゴの軍師)
キム・ギュチョル
ヨン・ナムセン
(ヨン・ゲソムンの長男)
イム・ホ

()
登場人物相関図(BSジャパン)
各話ストーリー(BSジャパン)

無料動画

CULTURE PUBLISHERS にて
『大祚榮(テジョヨン)』予告編
無料視聴 できます(2017/12/14 現在)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました